蔵直ワインの専門店 ヴィノスやまざき
トップページヴィノスやまざきについて会社概要商品一覧メルマガ登録初めてのお客様ご利用ガイドお問い合わせ

※ボトル画像はイメージとなります。実際のワインとヴィンテージ等が異なる場合がございます。
予めご了承下さい。


TOP >>  カテゴリトップ >>  フランス・ラングドック・ルーション地方 >>  シャトー・ド・ペノティエ
TOP >>  カテゴリトップ >>  赤ワイン >>  コクあり
TOP >>  価格帯別 >>  5001円〜10000円



 シャトー・ド・ペノティエは1620年から続くワイン造りを手がける貴族の家系という、ラングドックでも非常に歴史ある造り手。2007年より「シャトー・ムートン・ロートシルト」の醸造長を務めたパトリック・レオン氏を醸造家に向かえその品質はさらに向上しました。豊富な醸造経験を生かし、高品質・高コストパフォーマンスのワインが産み出されます。

 ペノティエの本拠地であるカバルデスの特徴は、ボルドー地方と同じ大西洋気候と、南フランスの地中海性気候の2つの気候がノワール山を中心に入り交る点にあります。そのため、ボルドー品種と南仏品種の8品種が仕様が許可されているという他に類を見ない土地なのです。この特徴がワインに複雑味をもたらし、ヴァラエティに富んだワインを可能にします。ぶどうの収穫は全て手摘み、海抜200〜400mにある畑は昼夜の温度差が激しく、南フランスでありながら果実味と酸味のバランスのよいワインが造られます。

 2007年より「シャトー・ムートン・ロートシルト」の醸造長を務めたパトリック・レオン氏がワイン造りに参加。ワインの醸造だけでなく、畑の選別からぶどう栽培まで指導し、ますますの品質向上が図られています。
 ヴィノスやまざき買付隊も、毎年現地を訪問し、畑やぶどうのコンディションやワインの味わいについてディスカッションを行います。15年以上、共にワイン造りを行ってきたパートナー的存在の蔵元でもあります。


シャトー・ド・ペノティエ・モンペイルー・グランヴァン 2011
商品コード:F32-3611


シャトー・ド・ペノティエは南仏ラングドック地方の街カルカッソンヌの近くにあります。1620年にピエール・ルイ・ペノティエ(この地の大地主)が作ったお城がこのシャトー・ペノティエです。そのペノティエがシャトー・ムートン・ロートシルトの醸造長を務めたパトリック・レオンを醸造長として迎え入れ、このシャトーで彼が最初に手がけたグランヴァンがこのモンペイルーです。長年ワインを造っているシャトー・ド・ペノティエの中でも稀少なセレクションの一つであり、長い年月を費やし出来た渾身の一本。まさにペノティエのエスプリの真髄のワインといえるでしょう。 標高200〜400mのモンターニュ・ノワールの南、見晴らしのいい太陽の日があたる小石だらけの丘で育てられた葡萄は、一房一房丁寧に手摘みされ18ヶ月間フレンチオークの新樽で熟成されます。ノンフィルターで瓶詰めされている為、完熟した葡萄の旨みを味わえます!



■商品名 シャトー・ド・ペノティエ・モンペイルー・グランヴァン
■商品名(原語) CHATEAU DE PENNAUTIER LE MONT PEYROUX GRAND VIND
■生産国・地域 フランス・ラングドック ACカバルデス
■蔵元名 シャトー・ド・ペノティエ
■品種 シラー45%、メルロ45%、マルベック10%
■タイプ・味わい 赤・コクあり

シャトー・ド・ペノティエ・モンペイルー・グランヴァン 2011
シャトー・ド・ペノティエ・モンペイルー・グランヴァン 2011
特別価格は2016年12月26日(月)〜2017年1月20日(金)
通常価格8,200円のところ
販売価格 6,800円(税込 7,344 円)
ポイント 68ポイント進呈
送料別
ご購入数量
 返品については こちら

オススメ
コメント
ブラックベリー、トリュフ、コリアンダー、ブラックペッパーのような複雑な香り、豊かな果実味と繊細なタンニンはとてもエレガントで素晴らしいハーモニーを奏でています。

この商品へのお問い合わせ
お気に入り商品
レビューを書く レビューを見る (7件)
twitter
QRコード読み取りにより
携帯電話でご覧いただけます。
この商品のレビュー

満足度 ゆうき様さん (東京都)

投稿日:2012年07月04日

西武渋谷店ご利用のお客様より
香りがとても豊かで美味しかったです。

満足度 Herocard様さん (東京都)

投稿日:2012年07月04日

西武渋谷店ご利用のお客様より
非常に果実味が強くて味わい深いワインでした。

満足度 匿名希望さん (東京都)

投稿日:2012年07月04日

西武渋谷店ご利用のお客様より
香りも良く幸せな気持ちになりました。南仏でもこんなにしっかりとしたワインがあることに驚きました。



 
ページの先頭へ